最新のシステムを導入した飲食店|POSが重要です

柔道整復師は二分されます

握手

公益性の観点で分かれます

身体に不具合が発生した際の対処方法として、接骨院や整骨院では柔道整復術が実施されています。柔道整復術とは、日本古来の武道である柔術に基づく身体構造への理解を活用した治療手段です。したがって、施術するためには相応の知識と技術が要求されますから、柔道整復師と呼ばれる資格認定制度が設けられています。資格を取得して施術施設を会員している柔道整復師は、二通りに大別されます。それは、柔道整復師会に所属している資格者と所属していない個人契約者です。柔道整復師会は、公益社団法人と呼ばれる厳格な法的規定で認定を受けている法人格を持っている組織です。地域住民に対する公益活動を通じて、社会貢献の実現を目的に運営している組織が認定を受けています。つまり、所属会員は、柔道整復師会の設立趣旨に基づいた公益活動として治療行為を行っています。また、会員は学術的な公的研修会等へ参加する一方で、スポーツ時の救護活動や講習会等に参加することが一般的です。そのため、高い技術を備えた上で地域に密着した治療行為を続けていることが、所属会員の特徴です。ただし、柔道整復師の治療行為を提供するために、必ずしも柔道整復師会に所属することは義務付けられていません。つまり、治療のために柔道整復師の資格を取得していても、公益活動よりもサービス提供を重視していることが一般的です。健康保険の適用を受けるために個人的に保険請求契約を結んでいる点が、特徴です。